3 August, 2020

Kenjiro Okazaki | A Decade or So AgoAs Tears Go By

Takuro Someya Contemporary Artにて、作家が特別な意味を感じ大切に保存してきた作品群を10数年ぶりに=関連性のある絵画から彫刻、タイル作品まで12点を一同に展示。

-
Kenjiro Okazaki | A Decade or So AgoAs Tears Go By

■会期:202084日(火)-29日(土)
- 夏季休廊:89日(日)-817日(月)
- 休廊:日曜・月曜・祝日
- 開廊:火-土曜日 12:0018:00
[*営業時間が短縮されていますのでご注意ください]

■会場:Takuro Someya Contemporary ArtMAP
東京都品川区東品川1-33-10 TERRADA Art Complex 3F & 5F
TEL: 03-6712-9887
FAX: 03-4578-0318

■事前予約制
会期中、事前予約制です。
ご来廊希望日の前日18:00までに、gallery@tsca.jp 宛に以下内容を記載のうえ、メールにてご連絡をお願いいたします。
1)ご来廊希望日時、(2)お名前、(3)人数(5名まで、同時入場は3名まで)、(4)携帯電話番号

15 May, 2020

美術評論家連盟 2020年度シンポジウム

以下のシンポジウムに登壇します。
* 無観客でのオンライン配信に変更されましたのでご注意ください。

-
美術評論家連盟 2020年度シンポジウム
「文化/地殻/変動 訪れつつある世界とそのあとに来る芸術」

■出演:
パネリスト=ドミニク・チェン、長谷川愛、木村絵理子、住友文彦、岡﨑乾二郎
モデレーター=四方幸子
■日時:2020516日(土)14:0017:00
■開催方法:無観客によるライブ配信
■視聴用URLhttps://www.dommune.com/streamings/2020/051601/
■視聴無料(YOUTUBE LIVESUPER CHAT機能による寄付を募集)

■シンポジウム主催:美術評論家連盟
■特別協力:S/U/P/E/R DOMMUNE
■ライブ配信 共同主催:美術評論家連盟、S/U/P/E/R DOMMUNE
■助成:EUジャパンフェスト日本委員会「オンライン活動資金支援プログラム #KeepgoingTOGETHER

:: 詳細
http://www.aicajapan.com/ja/symposium2020_url/

19 April, 2020

描き下ろしミニ絵本『ねこかしら』

おかざき乾じろによる、描き下ろしミニ絵本『ねこかしら』が特別付録として付いた
絵本原画ニャー!猫が歩く絵本の世界』(同名の展覧会カタログ)が発刊されます。

:: 詳細
http://www.seigensha.com/newbook/2019/06/26161006

■出版:青幻舎
■定価:2,200円(+税)
■頁数:160
ISBN: 978-4-86152-744-9 C0071
20197月刊行予定

[関連展覧会 巡回予定]
*展覧会開催についての最新情報は、各美術館HPをご確認ください。
201976日−91日……………尾道市立美術館
2020418日−531日   ………高松市美術館 422日−56日臨時休館】
2021年  ……………………………川越市立美術館

9 March, 2020

『新潮 20204月号』

『新潮 20204月号』に「ミルチス・マヂョル」が掲載されました。

■出版:新潮社
■定価:1,060円(税込)
■発売日:202036

3 March, 2020

『岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ』カタログ

豊田市美術館にて開催された「岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ」展のカタログが刊行されます。
初期作品から最新作まで、約300点のカラー図版を収録。

:: 詳細:https://nanarokusha.shop/items/5e03102dda89640c5446db34

『岡﨑乾二郎 視覚のカイソウ』
■執 筆:岡﨑乾二郎、林道郎、岡田温司、中井悠、松浦寿夫、千葉真智子
■装 丁:森大志郎
■定 価:6,000円+税
■発 行:202039
■出 版:ナナロク社
■仕 様:A4変形上製/400ページ超/カラー図版多数収録

3 March, 2020

岡﨑乾二郎展|展覧会カタログ執筆者によるシンポジウム

岡﨑乾二郎-視覚のカイソウ」関連イベントとして、
以下のシンポジウムが開催されます。
-
展覧会カタログ執筆者によるシンポジウム

講師…………
岡田温司(美術史家、京都大学大学院教授)
林道郎(美術史家、美術批評家、上智大学国際教養学部教授)
松浦寿夫(画家、美術史家、武蔵野美術大学教授)

■日時:2020215日(日)14:00
■会場:豊田市美術館 1F講堂
■定員:170人(先着)
*当日10:00より整理券を配布します。
■参加無料

:: 詳細
https://www.museum.toyota.aichi.jp/event/okazaki_symposium/

3 March, 2020

岡﨑乾二郎講演会-旅について

岡﨑乾二郎-視覚のカイソウ」の関連イベントとして、
2弾講演会が開催されます。
-
岡﨑乾二郎講演会-旅について

講師:岡﨑乾二郎(本展出品作家、批評家)
聞き手:当館学芸員

■日時:202029日(日)14:00
■会場:豊田市美術館 1F講堂
■定員:170人(先着)
*当日10:00より整理券を配布します。
■参加無料

:: 詳細
https://www.museum.toyota.aichi.jp/event/okazaki_lecture_2nd/

3 March, 2020

「坂田一男 捲土重来」記念講演会

*新型コロナウイルス感染予防及び拡大防止のため、以下のイベントは中止になりました。

https://okayama-kenbi.info/topi-event-cancel/

 

2月18日より岡山県立美術館で開催される展覧会「坂田一男 捲土重来」の関連イベントとして、以下の講演会が開催されます。

坂田一男 捲土重来―格納された世界のすべて、風景のすべて
記念講演会

■日時:2020229日(土)14:0015:30
■会場:岡山県立美術館 2FホールMAP
■定員:210名(当日先着)
■参加無料

:: 詳細
https://okayama-kenbi.info/exh-20200218-sakata

10 January, 2020

かがく宇かん 公開研究会 Open Conference|かがくとくうかん / 際だつチカク

昨年に続いて2回目となる、「かがく宇かん」公開研究会「かがくとくうかん / 際だつチカク」に岡﨑乾二郎が登壇します。

Weathering ear, Breathing eye
かぜに目を解き、耳を放る

島のすべてが楽器である。──実験音楽家デーヴィッド・チュードア。凧を操るアーティスト、ジャッキー・マティス・モニエ。霧の芸術家、中谷芙二子。三人が立ち上げた未完のプロジェクト《Island Eye Island Ear》(1974~)。──誰もいない孤島自身が耳となり目となり、島自身の姿を聞き、そして見つめかえす。やがて環境の時間と空間は呼吸するように伸び縮みし、拡張していく。

プロジェクトを支援したExperiments in Art and TechnologyE.A.T.)の現ディレクター、ジュリー・マーティン氏をアメリカから迎え、いよいよプロジェクトの本格的始動(再演=初演)に向けた議論を、中谷宇吉郎生家跡地からはじめます。広がる耳と耳、目と目、その間に世界が生まれます。

登壇者:
- ジュリー・マーティン(E.A.T. ディレクター、ジャーナリスト)
- 中井悠(音楽・その他、No Collective メンバー、京都市立芸術大学講師、かがく宇かん研究員)
- 中谷芙二子(霧の彫刻家、中谷宇吉郎記念財団代表理事)
- 岡﨑乾二郎(造形作家、批評家、かがく宇かんディレクター)

■日時:2020125日(土)13:3017:00[開場 13:00
■会場:かがく宇かん準備室(石川県加賀市片山津温泉乙36-5 4
■主催:中谷宇吉郎 自然科学と芸術による研究教育事業「かかく宇かん」プロジェクト
(加賀市、加賀市教育委員会、一般財団法人中谷宇吉郎記念財団、urizen
■共催:中谷宇吉郎 雪の科学館
■協力:映像ワークショップ、maart
■協賛:学校法人自由学園

* 参加費無料/予約不要/逐次通訳/途中休憩あり

■問い合わせ先:「かがく宇かん」事務局
メール:kagakuukan@nakayafoundation.or.jp
電話:0761-72-7970(加賀市教育委員会教育庶務課)

>> MORE INFO



<東京での関連イベント>

■日時:2020129日(水)18:3020:30
■場所:自由学園明日館 食堂(171-0021 豊島区西池袋2-31-3
■登壇者:ジュリー・マーティン、岡﨑乾二郎、中井悠

*事前申込制
下記メールアドレスまで【お名前/ご連絡先/人数】をお送りください。
kagakuukan@nakayafoundation.or.jp

1 2 3 12